格安で会社設立できるってホント?

会社設立費用を抑える方法 - 格安で会社設立できるってホント?

格安で会社設立できるってホント?
格安で会社設立できるってホント? > 会社設立費用を抑える方法

会社設立費用を抑える方法

image

いよいよ会社設立に挑戦するとき、費用を抑える方法はいろいろとありますが、どんな方法があるのか知らない人も多いことでしょう。
そこでこれから会社設立するときに知っておきたい、会社設立費用を抑える方法をいろいろとご紹介します。

基本的な方法として広く知られており、実際に利用する人も多いのが、電子定款を活用する方法です。
会社設立費用を節約したいときの方法として真っ先にあげられるものですから、まずはこれを利用するとよいでしょう。
活用方法もそれほど難しくはありません。

電子定款とは、会社設立の際に必ず必要になる定款という書類を、電子文書として作成したものになります。
電子定款にしたからといって、記載する内容がまったく変わるわけではないのです。
つまり紙の定款を作れる状態にさえなれば、電子定款を作るのも十分に可能なのです。

これをすると、会社設立にかかる費用を抑えられます。
その理由は、紙の定款にすると完成した書類に収入印紙を貼る必要があるのですが、それが電子定款だと不要になるからです。
収入印紙と言えば切手のようなもので、それほど高価なものではないとよく思われるのですが、定款に貼る必要のある収入印紙は4万円分になります。
これだけ高額な収入印紙が必要になるため、定款に収入印紙が必要かどうかで会社設立費用の総額もかなり変わるのです。
特に紙の文書にする必要がないのなら、定款は基本的に電子文書で作ることを考えるとよいでしょう。

このほかの方法としてあげられるのは、格安の会社設立代行業者に頼むことです。
この方法を使うと、普通の会社設立では不可能な費用で会社設立が可能になります。
これはどういう方法になるのでしょうか?

基本的にはよくある代行サービスで、その業者が会社設立手続きをすべて代わりにやってくれますし、費用もその業者の方から出してくれます。
起業者はその代行サービスから会社設立費用を請求されるのですが、このときに請求される費用が20万円以下、たとえば10万円や15万円といった費用となるのです。
会社設立にかかる最低費用は、基本的な会社の種類となる株式会社の場合で20万円ですから、自分で手続きをすると不可能な費用で会社設立できたことになるのです。
その代わり、手続きにかかる時間が普通よりも長かったり、会社設立が終わった後にその業者のサービスを利用したりしないといけませんが、とにかく格安で会社設立を終えたいのならぜひ使いたいサービスと言えるでしょう。
このように費用を抑えたところで出来上がる会社に違いはないのですから、格安で会社設立したいときにはおすすめの方法です。