格安で会社設立できるってホント?

司法書士の会社設立費用 - 格安で会社設立できるってホント?

格安で会社設立できるってホント?
格安で会社設立できるってホント? > 司法書士の会社設立費用

司法書士の会社設立費用

image

現在はたくさんのサービスが広く提供されていますから、これから何かやろうとするとき、それらサービスを活用できることも多いです。
実は会社設立も同じで、司法書士による代行サービスは広く普及しており、これを活用して会社設立する人も珍しくありません。
効率もいいためおすすめできますが、専門家の力を借りるのですから費用が必要です。
あまり予算がない人は心配もあるでしょうが、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

これについてまず結論からご紹介すると、それほど高額な費用はかかりません。
結果からみると、ほとんど実費は負担せずに済むことも多いのです。
まずは具体的に司法書士に依頼した時の費用をご紹介すると、3~7万円ほどが標準となります。
この費用を用意して司法書士に会社設立を依頼すると、必要な手続きは基本的に司法書士の方でやってくれますから、依頼人は自分で手続きなどしなくても、自分の会社が完成します。

このときに頭に入れておきたいのは、会社設立にかかる事務費用は司法書士の費用とはまた別に請求されることです。
自分で手続きするとよくわかるのですが、法務局での登記には登録免許税がかかります。
株式会社なら15万円、合同会社なら6万円となりますが、これらは会社設立するときの必須費用として、必ず支払わないといけないのです。

司法書士に頼むと、費用の支払いも含めて手続きをすべてやってくれますが、このときに必要な費用はもちろん依頼人の方で用意します。
つまり司法書士に依頼すると、会社設立にかかる基本費用と、司法書士の代行費用の両方が必要になるのです。
これでは普通にやるより高くつきそうですが、実際には自分でやるのとほとんど変わりません。

その理由は、司法書士に依頼するとほとんどの場合で電子定款形式で手続きをしてくれるため、収入印紙4万円が必要ないからです。
その代わりに司法書士へ代行手数料を払わないといけませんが、先にご紹介したように3~7万円ほどが基本ですから、自分で手続きしたときとほとんど費用は変わらないのです。

なお、自分で会社設立の手続きをすると司法書士への手数料支払いがなくなりますが、その代わりに電子定款を作るのが難しくなるため、収入印紙代4万円がかかることが大半です。
司法書士に頼むと自分で手続きしたときとほとんど費用が変わらない上に、手続きをやる手間が省けるのですから、非常に利点が大きいと言えるでしょう。
その利点の大きさからいうと、費用は格安だとよく言われます。
お手頃に会社を作りたいなら司法書士を頼るとよいでしょう。