格安で会社設立できるってホント?

合同会社にかかる費用 - 格安で会社設立できるってホント?

格安で会社設立できるってホント?
格安で会社設立できるってホント? > 合同会社にかかる費用

合同会社にかかる費用

image

これから会社設立を考えている人の中には合同会社という形態を選択する人もいるかもしれませんが、はじめから合同会社を設立すると聞いてもいまいちピンとこないでしょう。
会社設立の際には株式会社と合同会社、合名会社、合資会社の4つの形態の中から選ぶことになり、それぞれ特徴が異なります。

しかし現在の日本では株式会社を選ぶケースがほとんどで、ほかの形態を選択する経営者はまだまだ限られています。
一般的にも株式会社以外の会社形態は知らないという人のほうが圧倒的に多いでしょうし、実際に今日本にある企業のほとんどは株式会社です。

合同会社はもともと欧米などではよくある会社形態で日本ほど偏りがない分、割と知名度も高いです。
日本には外資系の企業もどんどん参入してきており、その影響もあってか合同会社に注目する人も増えているそうです。

それでは合同会社を設立するメリットとしてもっとも大きいのはどんなところなのでしょうか?
これはひと言で言えばコスト面で、合同会社h株式会社よりも少ない費用で設立することができるため、あまりたくさんの資金を準備できない人でも会社設立から運営をしていくことができます。

株式会社の場合、出資者となる人がそのまま経営者になることがほとんどですし、役員となる人が中心になって会社経営していきますが、これは資本金をはじめとしたお金を出しているからです。
一方合同会社の場合は役員という概念が存在せず、代表取締役や監査役などの役職はありませんし、運営はみんなで平等な権利を持って行います。

その理由として合同会社は働く社員全員が出資者になるからで、みんなで資金を持ち寄ってスタートさせる会社形態だからです。
みんなで資金を出し合えばひとりひとりの出せる資金が少なくても十分運営していくことができますし、有限責任も株式会社の場合は役員のみですが合同会社の場合は全員なのでリスクが少なく済みます。

また、会社設立にかかる費用も合同会社は安く、株式会社の場合は定款の認証手数料が50,000円、登録免許税が150,000円、各種手数料などを含めても最低で200,000円かかりますが、合同会社の場合は定款の認証の必要がありませんので登録免許税と各種手数料のみで会社設立ができます。
しかもその登録免許税も60,000円と株式会社の半分の金額でできるので、かなりお得です。

このように合同会社は費用の面で大きなメリットがあることが分かります。