格安で会社設立できるってホント?

格安で会社設立する方法 - 格安で会社設立できるってホント?

格安で会社設立できるってホント?
格安で会社設立できるってホント? > 格安で会社設立する方法

格安で会社設立する方法

自分の会社を持ちたいけどお金がかかるから難しい…、そんなことを考えてせっかく良い事業計画案が浮かんでも諦めてしまっている人はけっこう多いと思います。
しかし現在格安で会社設立することが可能な時代になっており、やり方次第では一人だけでも十分に設立可能なのです。

それでは格安で会社設立する方法にはどのような選択肢があるのでしょうか?
まず最初に知っておかなければならないのが会社設立にかかる最低限のコストで、これは株式会社の場合200,000円、合同会社の場合60,000円になります。

株式会社のほうが140,000円も高くなりますが、これは株式会社は公証人手数料が50,000円かかること、そして登記免許税が150,000円かかるからです。
合同会社の場合定款の認証が必要ないので公証人手数料はかかりませんし、登記免許税は60,000円になりますから定款の印紙代を0円にできる電子定款を選択すれば登記免許税のお金だけで会社設立ができるのです。
したがって格安で会社設立するなら合同会社が一番安い方法になります。

とは言えそれ以外にもしなければならない手続きがありますし、なかなか一人ですべてをこなすのは難しいと思います。
そこで力になってくれるのが会社設立の代行業者で、ここでは電子定款の作成をはじめとしたあらゆる手続きの代行やアドバイスをやってくれます。
そしてこの代行業者をどこにするかによってもコストは変わってきます。

代行業者の依頼料は業者によって異なり、安いところだと10,000円もかからずすべての手続きに関わってもらえるところもあります。
とは言え安ければどこでも良いというわけではありませんから、依頼する前に必ず業者側とコンタクトを取りどのようなやり方で進めていくのか、また実際に利用した人の評価なども調べてみてください。
いくつかの代行業者をリストアップして一番信頼できるところに依頼するのが結果的に格安の会社設立に繋がるはずです。