格安で会社設立できるってホント?

会社設立を代行 - 格安で会社設立できるってホント?

格安で会社設立できるってホント?

会社設立を代行

「会社設立を格安で」このようなワードで宣伝している業者を目にしたことがある人も多いと思いますが、これはどういったことをする業者なのでしょうか?
これは簡単に言うと会社設立手続きの代行業者で、業者の持つノウハウを生かしできるだけ安く会社設立を代行することを売りにしています。

近年会社設立をする人が増えていることもあって、代行業者の需要も大幅に増しており業者間での競争もレベルの高いものになっています。
そこでここでは代行業者を利用した場合の手続きの簡単な流れを説明していきますので参考にしてください。

はじめに手続きの大きなポイントになるのが定款の作成ですが、ここには事業内容はもちろん会社名や資本金、代表取締役、取締役、監査役などの役員の名前も記載しなければなりません。
この定款はいわゆる会社の法律書ともいえるものなので、しっかりしたものを作成する必要があります。
そこでまず行うのが「どのような事業にするか」という点で、ここを発起人と話し合いながら決めます。
基本的に電話やメールでやり取りしながらもっとも良いと思われる事業計画を立てていきます。

それが決まったら先ほどお伝えした会社名や資本金などの設定を行い、いよいよ定款の作成に入ります。
定款の作成は紙でするか電子定款でするかによって費用が異なり、紙で作成する場合印紙代の40,000円が必要になります。
しかし電子定款であれば自分で作成する代わりに無料でできますので、かなりお得になるのです。
もちろん代行業者は電子定款の作成を行いますから、それを作成したら法務局への提出書類を作ります。

そして公証役場で電子定款を受け取り、法務局で作成した書類を提出し登記が完了します。
その後1週間程度で法務局から登記簿謄本や印鑑証明書を受け取ることができますので、ここで会社設立手続きは完了となります。

以上の手続きを安ければ10,000円前後で代行してくれるので利用者にとってはとても助かります。