格安で会社設立できるってホント?

電子定款がポイント - 格安で会社設立できるってホント?

格安で会社設立できるってホント?
格安で会社設立できるってホント? > 電子定款がポイント

電子定款がポイント

会社設立を格安でするならポイントになるのが「定款」という手続きです。
定款とは会社の決まり事を記載するもので、会社名や会社の所在地、事業内容、代表取締役などの役員の名前といったことを記したものです。
定款の作成は公証役場で公証人の手を借りる場合、印紙代として40,000円かかりますが、これを電子定款にすると無料でできます。
つまり自分だけで定款の作成をするだけで40,000円もお得になりますから、電子定款をしたほうが良いと思います。

しかし定款の作成は項目の数がとても多いだけでなく、重要度が非常に高いものなので初めての人ではなかなかうまく作成できないと言われています。
事業内容をどんなものにするかも自分だけでは考えられることに限界がありますし、それが必ずしもうまくいくかはわかりません。
また良いと思う事業計画が思い浮かんでも商標調査によってNGになれば再度考えなおさなければなりませんから、そこが定款作成の難しさと言われています。

そこで役に立つのが専門家で、会社設立のエキスパートの力を借りれば自分が納得できる定款作りも可能になります。
たとえば今話題になっているのが会社設立の専門業者で、こういったところでは10,000円前後の格安料金で定款の作成から登記までしてくれるため、初めて会社設立する人には強い味方になるはずです。

また税理士や中小企業診断士、社会保険労務士といった資格を持つ人たちも会社設立に必要な知識を持っていますので、無料の相談会などを利用して一度話を聞いてみるのもいいかもしれません。
将来的に会社設立したとき、税理士の存在は欠かせないものとなりますからできるだけ早く自分に合った人を見つけたほうがいいので、ここもひとつのポイントになります。

話を戻すと電子定款は会社設立を格安にする大きなポイントになること、そして専門業者を利用すれば手続きを代行してもらえることを頭に入れておいてください。