格安で会社設立できるってホント?

会社設立の費用 - 格安で会社設立できるってホント?

格安で会社設立できるってホント?

会社設立の費用

会社設立にあたってかかる費用はどのくらいか、この手の疑問を持っている人はかなり多いと思います。
そこでここでは基本的な会社設立にかかる費用とどうすれば格安でできるのかという2点についてお話していきます。

はじめに会社設立にかかる費用ですが、これは株式会社か合同会社かによって異なります。
まず株式会社の場合は公証人手数料は50,000円、定款の印紙代が紙の場合は40,000円、電子定款の場合は0円、そして登記免許税が150,000円になります。
一方合同会社の場合定款の認証の必要がないので公証人手数料は0円、定款の印紙代が株式会社同様紙の場合は40,000円、電子定款の場合は0円、そして登記免許税は60,000円となります。
ここでまず格安になるポイントとして定款をどうするかがあげられ、電子定款にするだけで40,000円もお得になることが分かります。

次に合同会社の場合公証人手数料がかからないだけでなく登記免許税も60,000円なので株式会社よりも90,000円安くなります。
つまり合同会社で定款を電子認証にすれば登記免許税の60,000円のみで会社設立できてしまうのです。
どうしても株式会社にしたい場合は電子定款にすることで200,000円での設立が可能です。

次に会社を運営していくうえでかかるコストをいかに削るかがポイントになりますが、現在会社設立は資本金0円でも可能になっていますので、少ない資本で自分の満足できる事業を起こせるかがカギになるでしょう。
いくら資本金を削ったからといってもそれで事業がうまく進まなければ意味がありませんし、最終的なマイナスが大きくなってしまう可能性が高いです。
したがって資本金は事業をしっかり運営できるだけの額は用意しておかなければなりませんので、その点は割り切ったほうがいいでしょう。

また会社設立の手続きを代行業者に依頼するなら、依頼料がどれくらいかかるかも比較するといいかもしれません。